50歳からは「筋トレ」してはいけない 何歳でも動けるからだをつくる「骨呼吸エクササイズ」

50歳からは「筋トレ」してはいけない 何歳でも動けるからだをつくる「骨呼吸エクササイズ」
lin01

なぜ「健康のためのジム通い」は老化への近道なのか?

「何歳になっても軽やかに動けるからだを維持したい」
これは多くの人の望みだろう。

しかし、そのためにジムに行ってからだを鍛えることは、じつは非常に危険。
50歳を過ぎれば、筋トレをすればするほど、からだは重く動かなくなる。
じつはその後遺症に悩んでいる人も多い。

ではどうすればいいのか?
重要なのは「筋肉」ではなく「骨」からからだを変えること。

・人間のからだを根本から支えているのは、筋肉ではなく、骨
・筋肉は、骨を取り除けば、「硬いこんにゃく」のようなもの
・骨は、造血、代謝、免疫など、人間の健康の重要な役割も果たしている
・筋肉は加齢とともに衰えて硬くなるが、骨は刺激を与えて鍛えれば、何歳になっても強くできる
・骨は約200日で入れ替わる。

いまだに「筋肉神話」から抜けられない医療・リハビリ・健康の世界に警鐘を鳴らし、
骨をベースにした独自のエクササイズで、
多くの中高年のからだを劇的に改善してきた著者が、
日常できるエクササイズ20を厳選!

いつまでも元気に活動したいすべての人におすすめする
スーパーアンチエイジング。